Solanoの鉄旅駅旅ブログ

鉄道・列車、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

ヨーロッパに行ってきました(クロアチア、ドイツ、スイス)

 2014年の長期旅行はヨーロッパに行ってきました。

 去年のルワンダ+ドバイが、メインの旅行先だったルワンダに鉄道が無かったため、極めて鉄分の薄い旅だったのですが、今回は、それを取り戻すかのように、鉄道の旅も満喫しました。

 メインとなったのはクロアチアで、乗りたかった列車も絡めドイツとスイスも立ち寄りました。その時の様子をダイジェストでお届けします。

ICE

ドイツ鉄道ICE

 到着がJAL便でフランクフルト、フランクフルト空港駅からICEでハンブルグへ北上します。ICEはドイツ鉄道が誇る高速列車で、登場から30年以上経ち、その間、私は何度もヨーロッパを旅しましたが、これが初乗車になります。

 写真はICEの3型で、私が乗車したのは初代の1型でした。乗車前は食堂車に行こうとか、ICEでの過ごし方をあれこれ思い巡らせていたのですが、前日よく眠れなかった体での長距離フライトが体に応え、グダグダな体調のまま、ハンブルグまでの4時間を過ごしました。

寝台特急・シティナイトライン

CNLハンブルグ‐チューリヒ二階建車両

 ハンブルグからはドイツ国鉄の夜行列車・シティナイトライン(CNL)で一路チューリッヒへ。CNLは登場時から2階建て車両の個室寝台車が象徴的で、シャワー付きのデラックスルームは長い間乗りたいと願っていました。2008年1月のヨーロッパ行った時、アムステルダム-ミュンヘン間で乗るつもりで充当区間まで調べて指定券を取ったのですが、前年12月のダイヤ改正で車両が変ってしまい、乗り逃した苦い思い出があります。今回はクロアチアがメインだったにも関わらず、一旦、ハンブルグに北上したのは、CNL2階部分のデラックスルームを堪能したかったからです。

シティナイトライン、デラックスルーム

 登場から約20年間、念願だったCNLのデラックスルーム。食堂車の縮小など、全体として気になる部分もありましたが、デラックスルームは素晴らしかったです。部屋のクオリティ的には北斗星やトワイライトエクスプレスの一人用個室・ロイヤルに引けを取らない程。いや、個人的にはこっちの方が好みかも…。まあ、その分料金も高いのですが。

チューリヒ中央駅と魅惑の食堂車

チューリヒ中央駅駅舎

 そしてチューリヒ中央駅に到着。古く重厚感のある駅舎はまさにヨーロッパのターミナル駅の風情。だけど主要駅としての役割も果たし、上手い事古い物を使っているのが印象的でした。

スイス国鉄、スターバックス列車

 1時間程、駅舎の撮影を楽しみ、特急列車・インターシティ(IC)で首都のベルンへ。2階建て車両の食堂車には、日本でも見慣れたマークが…。

スイス国鉄、走るスターバックス

 何と走るスターバックス。スイス国鉄では今でもICなどに食堂車、ビストロ車が盛んに連結されているのですが、その一部がスターバックス車両となっていて、もちろんスターバックスのメニューが提供されています。

スイス国鉄、食堂車

 ベルンからチューリッヒへの帰路は食堂車を利用。メニューは牛肉のチューリッヒ何とか…。本当はバーゼルでCNLを下車した方が効率のいい行程なのですが、CNLを始発から終点まで乗り通したいのと、食堂車を体験してくてこのような行程に(笑)

 それにしても、日本では食堂車は絶滅寸前で車内販売さえ縮小傾向にあるのに、都市間の移動ならせいぜい1~3時間程度の時間で済むスイス国内で、気軽に利用できるビュッフェや食堂車のサービスがあるのは羨ましい限りです。

2夜連続の夜行!チューリッヒからクロアチア・ザグレブへ

ザグレブへの夜行列車・ユーロナイト

 チューリッヒに戻り、約1時間30分後の午後8時40分頃に、国際夜行列車・ユーロナイト(EN)でザグレブへ。CNL、ENと2夜連続の夜行です。

クロアチア鉄道、個室寝台車

 利用したのは個室寝台車。このEN、ザグレブを越えてセルビアのベオグラード行きで、スイス、オーストリア、スロベニア、クロアチアを通り、ベオグラード到着は午後5時過ぎという超長距離列車。個室寝台車はクロアチア鉄道のもの。洗面台もあるなど、個室寝台として一通りの設備が整っていました。

ベオグラード行きEN、スロベニア区間の車両

 一夜明けENはスロベニア区間へ。アルプスの東端はスロベニアにあり、太陽の当たるアルプス「サニーアルプス」とも言われ、車窓には山村やのどかな自然が広がる眺めが続きます。ヨーロッパでは列車名こそ前面には出しませんが、このENにはアルペンパールという名前が付けられています。

インターシティでザグレブからスプリトへ

ザグレブ中央駅駅舎

 そして今回の旅のメインとなるクロアチア、首都のターミナル駅・ザグレブ中央駅。こじんまりとしているものの、こちらも重厚な駅舎です。しかし、都市間の移動がバスが中心となっているため、やや寂れている感は否めません。

ザグレブ‐スプリット間のIC車内

 ザグレブで2泊した後、クロアチア第二の都市・スプリトへ。

 首都と第2の都市を結ぶインターシティ(IC・特急列車)なのですが6時間を要し、所要時間がやや短いバスの方が主流で、ICは1日に僅か数本。それも2両という短編成です。だけど最新の振り子式車両が導入され、車内もきれいでシートも悪くなく日本の特急車両に比べ大きく引けはとりません。

ザグレブ‐スリット間のIC、車窓

 朝の6時半にザグレブ中央駅を出て、暫く都市圏を走った後は、たまに停車駅の周辺に民家などが点在する集落が現われる以外は、延々と人里離れた山間区間が続きます。絶景区間なのですが、冗長で荒涼な顔を垣間見せる車窓風景は、まるで日本最北を目指す宗谷本線のようだと思いながら、時として眠りに落ちながら眺めていました。

IC、スプリト到着

 そして、定刻より45分ほど遅れ、7時間弱で終点のスプリト駅に到着。上屋一つ無い開放的過ぎるホームは、アドリア海に注ぐ日差しをその身いっぱいに浴びているように眩しく、ハンブルグやベルンの肌寒さとは全く違った暑さに、頭がクラクラする気分を感じました。


 今回、鉄道の旅はここで終わってしまいました。この後、「残念さ」を含むニュアンスは不本意に終わってしまったからです。…というのも、2日後スプリトからシベニクという街まで列車で行こう思っていたのですが、その日は何と日曜日で、シベニクへの支線は運休!超ローカル線です。European Rail Timetableによれば、2往復ばかりは日曜でも運行されているらしいのですが、スプリト駅で聞いてみると運休と…。その2往復が運行されていたとしても到底使いやすい時間帯とは言えないので、運休と言われても不思議と違和感はありませんでした。まあ、時刻表で土日運休を見落とした自分の責任なのですが…。クロアチアのローカル線とその駅舎を楽しみにしていたのですが残念でした。

 でも、シベニクへはバスで行き、帰路のシベニク‐トロギル間のバス路線は海岸線を通り、次々と通り過ぎる小さな港町の夕暮れが美しく、忘れられない車窓風景として今でも心に刻まれています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
(ブログランキング参加中!)

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
Twitter: @solano14
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

  • ライブドアブログ

「ヨーロッパに行ってきました(クロアチア、ドイツ、スイス)」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記と言った鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

© Solano.