Solanoの鉄旅駅旅ブログ

鉄道・列車、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

長良川鉄道、レトロな駅構内施設を巡る旅

国鉄越美南線から転換された第三セクター鉄道

 秋の気配が漂い始めた長良川鉄道を訪れました。国鉄越美南線から転換された第3セクター鉄道で、正式な線名は今でも越美南線です。

 長良川鉄道は日帰り圏内の近場という事もあって、これまで何度も乗りに行こうと計画していたのですが、近いゆえに、当日もっと寝ていたいからやっぱりやめようなどと、きまぐれに断念する事数回…。しかし先日、ようやく実行に移す事がでいました。二度目で、実に二十数年振りかと思われる訪問です。

長良川鉄道の木造駅舎

 やっぱりいちばんの目的は木造駅舎です。第3セクター鉄道転換後に新設された駅は12に及びます。しかし国鉄時代からの駅舎は、雰囲気のあるいい木造駅舎ばかりでした。

長良川鉄道・富加駅の木造駅舎

 富加駅。国鉄時代は加茂野駅という駅名で、1923年(大正12年)の越美南線開業時から存在する駅です。会計事務所が併設されるなど、何かと改修されていますが、それでも使いこまれた木の味わいが年月を感じさせる木造駅舎が健在です。

長良川鉄道・深戸駅の木造駅舎、ホーム側。

 深戸駅。旧駅事務室にかつて喫茶店が入居していた事もあるためか、改修され明るい色づかいになっていますが、それでもホーム側は、昔からの木造駅舎らしい趣きある佇まいでした。

 その他、大矢駅、郡上八幡駅、北濃駅、美濃市駅、関駅にも古い木造駅舎が残っていました。中でも大矢駅は木の質感が豊かに残り、構内施設は国鉄ローカル線小駅を今に残した見本のような駅。この記事では割愛しましたがお勧めの駅です。
(※駅と駅舎の旅写真館・関連ページ: 大矢駅訪問記)

駅構内に残るレトロな設備

 木造駅舎はもちろん良かったのですが、同時に印象的だったのが、倉庫など駅構内の各種設備がとてもよく残っていた事です。そのため、よりレトロで味わいのある雰囲気を感じました。

木造倉庫

 特に木造の倉庫は、木造駅舎が残っている駅の多くで残っていました。

長良川鉄道・富加駅の木造倉庫

 富加駅の古い木造倉庫。駅舎の横に寄り添うように残っていました。

長良川鉄道・富加駅の木造倉庫の中…

 扉に触れてみると、何と開きました!富加駅は無人駅となっていますが、一応、今でも何かに使われているようです。

長良川鉄道・郡上八幡駅構内の木造倉庫

 こちらは郡上八幡駅のもの。「火気厳禁」の古い看板が取り付けられていたので、危険品庫(ランプ小屋)も兼ねていたのかもしれません。

長良川鉄道・大矢駅の小さな木造倉庫

 大矢駅には、上で挙げた二つの半分以下の物置のような木造倉庫がありました。わたらせ渓谷鉄道の足尾駅に残っている手小荷物保管庫とほぼ同じ大きさで、扉の感じも似ているので、手小荷物保管庫だったのかもしれません。

 駅構内の古い設備には建物財産標が残っている事も多く、今回見た多くの建造物にも取り付けられていました。国鉄の古い建物財産標には「宿舎」など用途も併記されています。しかし、今回、長良川鉄道で見た建物財産標はプラスチック製の新しいものに全て取り替えられていて、それには用途は併記されていなく、結局何なのかよく解らない建造物もありました。

側線跡

長良川鉄道・大矢駅、側線跡など駅構内

 大矢駅構内の北側には見事な側線跡が。跡とは言えレールも敷かれたままで、ホーム縁がコンクリートの板で改修された形跡もありました。この一帯の敷地は広めで、隅には詰所跡など数棟の建物があります。今では廃れ、単なる廃材置き場となっていますが、長良川鉄道となった後も、保線の拠点としてしばらくは使われていたのかもしれません。

トイレ

長良川鉄道・美濃市駅、古い木造トイレ

 近年は無人駅でも、自治体などが設置した立派なトイレがある事も多いのですが、美濃市駅にあるトイレは、これぞ由緒正しきと駅のトイレ言いたくなるような年代物のトイレが…。駅舎出て少し離れて別棟に設置されています。中はさすがに改修されているようですが。

 二十何年か前、初めて長良川鉄道に乗った時だったと思います…。ある駅で停車すると、車内から木造トイレの中の青色の染付便器が目に入りました。たかがトイレですが、工芸品のような古便器に強く目が引き付けられたのを今でもはっきりと覚えています。今となってはどの駅だったか…。正直、それが本当に長良川鉄道の駅だったかさえもはっきりしませんが…。

古井戸の上屋

長良川鉄道・深戸駅、古井戸の木造上屋

 深戸駅にあった井戸の古めかしい上屋。古井戸の跡が残っている駅はまだあるのですが、こんなに年季が入った上屋が残っている駅はもう数少ないのでは…。かつてはJR九州・筑肥線の肥前長野駅の古井戸にも、木造上屋があったのですが、ボロ過ぎて2015年に再訪した時は井戸を残し撤去されていました。

 かつてはこの屋根の下にも手押しポンプなんかあったのでしょうが、今は自動ポンプが取り付けられています。無人駅とは言え、一応は現役の井戸のようです。

詰所

長良川鉄道・美濃市駅プラットホームと詰所

 美濃市駅の詰所跡と思われる建物。ガラス窓が割れていて、今では使われなさそうです。この美濃太田方では倉庫らしき木造の建物もありました。

郡上八幡駅のふるさと鉄道館の…

郡上八幡駅、ふるさと鉄道館

 郡上八幡駅駅舎内のふるさと鉄道館。国鉄越美南線時代からの鉄道用品などが展示されています

 展示品も興味深いのですが、私が気になったのが入口の木製ラッチこと改札口の柵。同線内の駅で使われていたものを移設したのでしょうが、三角型というのが目を引きます。これと同じ柵が深戸駅(下の写真)にもあったのですが、ここにもあったのに驚かされました。私が知る限りですが、このような柵はこの二つしか見た事が無く、相当珍しいと思われます。何で三角形なのでしょうか…?狭い出入口で、上手く乗降客を分離し、なおかつ駅員さんが検札できるスペースを取る為、このような形を越美南線の設備に関わった人が考えついたのでしょうか…?

深戸駅、改札口の珍しい三角形の木製改札柵

転車台

長良川鉄道の終点・北濃駅、転車台

 終着駅の北濃駅構内の片隅には古い転車台が残っていました。1902年アメリカン・ブリッジ社で製造されたもので、長良川鉄道に転換後もしばらくは使われていたとの事。こちらは木造倉庫とか私が興味を示したマイナーな物(笑)と違い、歴史的な鉄道文化財として認識されていて、2005年に国の登録有形文化財となりました。


 このように駅構内残るレトロな鉄道設備は国鉄時代の郷愁漂わせ、長良川鉄道の旅を期待以上に楽しめました。北濃駅の転車台は越美南線の貴重な鉄道遺産として、同駅の名物となっている感があります。だけど古い木造倉庫など、数々の建造物も、今や貴重だと思います。これらも木造駅舎とあわせ鉄道遺産としてアピールすれば、乗り鉄や旅行者に注目され、長良川鉄道の集客アップにちょっとは繋がるかも…と思いました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
(ブログランキング参加中!)

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
Twitter: @solano14
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

  • ライブドアブログ

「長良川鉄道、レトロな駅構内施設を巡る旅」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記と言った鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

© Solano.