Solanoの鉄旅駅旅ブログ

鉄道・列車の乗車記、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

浜寺公園駅、失われゆく名脇役を愛でる

日本を代表する駅舎の今後

 南海本線の浜寺公園駅を訪れました。

 浜寺公園駅の駅舎は明治40年(1907年)に建てられた洋風木造駅舎がいまだ現役で残っている事で知られています。しかし、その駅舎も南海本線の高架化により、2016年1月27日を最後に役目を終えます。

 しかし東京駅丸の内駅舎を設計した事で広く知られる辰野金吾が関わった洋風駅舎は、間違いなく日本を代表する現存古駅舎の1つです。そのため、現駅舎のあり方が論議され続け、保存される事が決まりました。

 コンペにより新しい浜寺公園駅の全体像も定まり、今後、最優秀賞のプランを元に整備されていくとの事。 ( 関連ページ: 浜寺公園駅、駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞(PDF) 堺市のウェブサイトより ) 

 最優秀賞の作品は、歴史ある現駅舎へのオマージュがふんだんに盛り込まれ、現在の姿を知る私には、真新しい駅の中にも、どこか懐かしさを感じるものになりそうです。そして何より、現駅舎は新駅舎の正面に移築され門のように利用されるとの事で、限りなく現役駅舎に近い存在でありつづけると言えます。なので引退と言っても、取り壊される時のような悲壮感はありません。

 しかし、駅舎そのものは残りますが、それ以外のモノは失われゆく運命にあります。それらは地味ながら、どれも駅舎と共に浜寺公園駅を構成し続けた一員で、その歴史感じさせる興味深いモノばかりです。

高架化工事を控えた浜寺公園駅

 今回は阪堺電車で浜寺駅前に下り立ち、目と鼻の先にある浜寺公園駅に入りました。初めて浜寺公園駅を訪れた2003年は、片側1車線ずつの狭い道の両側に、飲食店などお店が並ぶ昔ながらの駅前通といった風情でしたが、現在では1店の飲食店を除き、全て撤退と取壊しが完了し、歩道が拡張され、風景はがらりと変りました。

高架化工事の準備が進む南海・浜寺公園駅。

 そして3年振りに、壮麗な洋風駅舎に対面します。駅舎の周囲にも工事用のフェンスが迫る光景を見て、遂に「その時」が近づいている事を実感します。写真左手の建物は建築中の仮駅舎です。現駅舎よりおそらく面積が広く、フェンスの間から中を覗くと、エレベータの入口も見え、仮駅舎とは言えなかなかの規模のようです。

浜寺公園駅、駅舎前の石碑

 駅舎車寄せの左横には、浜寺公園駅を説明した碑がありました。この碑、かつてはここよりもう少し前の松の木の植え込みの横にありました。しかし植え込みは工事に関連し撤去され、碑だけがこの場所に移動されたのでしょう。ああ、あの松の木は諏訪ノ森駅のステンドグラスにも描かれた、この近辺の海岸を思い起こさせる、まさにこの駅に相応しい木だったのにと残念に思いました。

 しかし横の小さな看板に、「ここにあった松は浜寺公園内に仮移植された。」と書かれていました。「仮」というのがとても気になります。高架化完了後、この駅に戻す含みを持たせていると期待してしまいます。

浜寺公園駅、改札口から見る池庭跡の植え込み

 改札口の方を見ると、上下線のレール間にある池庭跡の木々がより印象的に私の目に映りました。この池庭跡の存在は知っていたのですが、今回、初めて阪堺電車で降りこの駅に入り、改札越しに池庭跡を目にしました。例え池は枯れて久しくても、こんなに目を引かれる存在だと改めて気付きました。この位置に池を設けようと思いついた人は、きっとここを通る人の目を捉える事も計算していたのでしょう。

浜寺公園駅3番線、木の壁と古レールの柱。

 駅舎に面したプラットホームは3番線で、なんば方面行きの列車が発着します。浜寺公園駅は普通列車しか停まりませんが、大阪都市圏の路線だけあってホームは長く伸びています。ホームを和歌山の方に歩くと、木の壁と古レールが支える上屋が続きます。古い木の壁がずっと続く様は、駅舎同様に駅の歴史を感じさせます。木の壁には扉がある箇所もあり、その裏には倉庫が併設されています。

浜寺公園駅、1番ホーム南端と駅構内

 更に歩くと、上屋は途切れ頭上には青空が広がり、壁に代わって木々が並んで植えられています。乗降客は上屋のある範囲内に集中し、昼下がり、このあたりは誰もやってきません。

 木々の背後には、柿の木が植えられています。秋が過ぎた冬の今、残った実は萎みつややかさを失くしています。

浜寺公園駅、屋外の降車用改札口

 駅舎横の屋外の降車用改札口は大きな屋根に覆われ、その下には木製のラッチも残ります。半世紀以上も前、浜寺公園がリゾート地とした賑わった頃を忍ばせます。件のコンペの最優秀作品を見ると、駅舎=駅本屋は保存されても、残念ながらこの部分は保存されないようです。

浜寺公園駅、古い石積みが残るプラットホーム

 プラットホームには石積みの造りが良く残っています。この下りホームの1・2番線も、上りホームと同様に古レールが上屋を支えます。高架化工事となるとプラットホームはさすがに崩さざるをえません。しかし、この石積みや古レールを、駅の歴史を伝えるものとして新駅で展示する構想があるようです。実現すれば素晴らしいです。

浜寺公園駅、1・2番線上にある待合室。

 そして和歌山方面行きの1・2番線にある待合室は、駅舎のデザインを採り入れたユニークなものです。こちらも新駅舎のプラットホームで活用できないものでしょうか…。

南海・浜寺公園駅、上り3番線と切り欠きの4番線

 浜寺公園駅は変った構内配線も特徴的で、なんば方面の3番線の北側に、ローカル線でよく見るような切り欠きのホームが設けられいて、4番線となっています。こういう形状の場合、たいてい切り欠きホームは行き止まりとなっているのですが、ここでは3番線を通った上り線のレールが分岐して4番線に入り、また上り線に合流する配線となっています。つまりは4番線は通過列車を待つための退避用のホームです。こういう場合、1面2線の島式ホームを作るか、上り線をホームの無い通過専用の線にして、停車・退避用のホームを作る場合がほとんどです。4番線も古い石積みのホームなので、元々は行き止まりホームだったのかもしれません。しかし待避線を作りたく、この切り欠きホームを活用したのでしょう。

 以前は昼間も使われていて、4番線から列車に乗った記憶もあるのですが、現在はこの時間ここから発車する列車は無いという注意書きが吊るされたロープが張られ、ひっそりとしていました…。

浜寺公園駅、東側駅舎

 浜寺公園に面した西側の駅舎に対して、反対の東側は住宅街に面し、駅舎は券売機や改札口と言った最低限の設備しかない小さなコンクリート駅舎があるのみです。西側駅舎の風格に対し、まるで中小私鉄の駅舎のようで、かえってそのギャップが面白く思います。

 この東側駅舎はさすがに取り壊されるのでしょう。しかし、新駅舎の壁に描かれ、その姿を新駅にも留めるらしいです。

浜寺公園駅、東側駅舎のロッカー

 東側駅舎の横に、謎のロッカーコーナーがあります。靴箱程度の扉なのですが、奥がやららと深い変なロッカーです。どうやらこのロッカー、地元の自治会が個人の置き傘のために設置したロッカーのようで、何ともローカル線らしい不思議な風情が漂います。

(※4番線と東側駅舎の画像は2010年訪問時のものを使っています。)


 1月27日の浜寺公園駅の現役引退…、というより一区切りまで遂にカウントダウンに入りました。壮麗な駅舎だけでなく、これらひっそりと消え去る名脇役も愛でるように楽しんでみてはいかがでしょうか?私も時間が取れれれば、最終日となる27日に訪れたいと思っています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
(ブログランキング参加中!)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
作者
myimage

Solano (そらの):
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて
駅舎や構内をあれこれ観察。
そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

駅と駅舎の旅写真館
木造駅舎、ローカル線の駅など駅巡りの旅。目下のメインサイト
ある日、旅の空で…
エアライン搭乗記、鉄分の薄い旅行記はこちらで。
my旅BOX-鉄道旅行と旅-
いちばん最初に作った鉄道旅行記サイト。静態保存中
  • ライブドアブログ

「浜寺公園駅、失われゆく名脇役を愛でる」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記と言った鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.