Solanoの鉄旅駅旅ブログ

鉄道・列車、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

鉄道員(ぽっぽや)の幌舞駅こと根室本線・幾寅駅訪問記Up!+厳選?ボツ画像集

【駅と駅舎の旅写真館 -railwaystation.jp-】

 古く美しき駅舎に
幾寅駅(JR北海道・根室本線)~鉄道員(ぽっぽや)幌舞駅の面影残る駅舎~
を新規掲載しました。

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の幌舞駅こと幾寅駅の木造駅舎

 何といっても、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」で幌舞駅としてメインのロケ地となった事で有名な駅で、今も訪れる人が絶えない聖地となっています。

 1933年(昭和8年)築という木造駅舎は味気なく改修されていたのですが、ぽっぽや撮影のために、レトロさを強調したより木造駅舎らしい姿に改修されました。そのため、よくやったなと思う程のレトロさですが、ただレトロ駅舎好きの端くれの視点からは、細かい所を見れば、ここはちょっと違うかなと思う部分もありました。

 当サイトでは古駅舎を格付けもしているのですが、趣き溢れる古い駅舎ながら、そんな風に改修された古駅舎のランク付けはどうしたものかと迷いました。ひょっとしたら復元駅舎の域かもしれません…。まあ、古駅舎で現役である事、そして、「ちょっと違う」部分を考慮すると、一つ星クラス駅舎という結論に落ち着きました。

 だけど、根室本線の富良野‐新得間の廃止方針のゆくえは気になります…。2016年11月現在、8月末の台風の影響で、幾寅駅を含む東鹿越‐新得間は不通となっています。更に悪い事に、JR北海道は不通区間の復旧工事は行わないと南富良野町に伝えたばかりです。不通区間はこのまま廃止になる可能性が濃厚になってきました。財政的に苦境にあるJR北海道ゆえに仕方の無い決断なのかもしれませんが、どこかやりきれない気持ちです。

幾寅駅・幌舞駅、厳選?ボツ画像

 いつも通り、惜しくも本編訪問記に掲載とならなかった幌舞駅こと幾寅駅のボツ画像を緩~く綴っていきます。

幌舞駅こと根室本線・幾寅駅、木造駅舎と丸ポスト

 北海道らしく風除室の車寄せがある木造駅舎。丸ポストはお飾りかと思ったら、立派に現役。

 駅舎ホーム側。セットのために改修されたとは言え、質感はなかなかのもの。

幾寅駅、映画「鉄道員(ぽっぽや)」のセット、駅前商店

 駅周囲には、撮影のために作られたレトロな建物が並んでいます。これは駅前商店。

幾寅駅、鉄道員(ぽっぽや)のセット、古い倉庫

 こちらは農業倉庫っぽい古い倉庫。宗谷本線・北星駅でおなじみの「北紡」のホーロー看板が掲げられています。型は違いますが…。

幾寅駅、国鉄の貨物コンテナ

 今回、旅した根室本線の富良野‐落合間は、何故か国鉄コンテナが置かれている駅がいくつもあり、この幾寅駅にも。倉庫として使われていたのでしょうか…?

幾寅駅、再現された手小荷物窓口

 セットだったとは言え、駅舎は立派に現役で、誰でも中に入る事ができます。

 手小荷物窓口にはテレビも置かれ、鉄道員の予告編映像が繰り返し流されていました。駅に響くセリフや主題歌がBGMとなり、しばし映画の世界に入り込んだ気分に…。

幾寅駅、高倉健からの礼状

 駅事務室より奥は小道具や写真が掲示された記念館となっています。その中には、撮影に協力してくれた地元の人々に宛てた高倉健直筆のお礼の手紙も…。礼儀正しかった健さんの人柄が偲ばれます。

幾寅市街地の商店

 幾寅駅は南富良野町の中心地で、それなりの規模の街並みがあるのが意外でした。

 だけど中には、何十年前の町場のオモチャ屋さんのようなレトロなお店も。これは鉄道員(ぽっぽや)に、素のまま登場できそうな雰囲気!外から写真をちょっと撮っただけですが、入ってみれば良かった。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
(ブログランキング参加中!)

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
Twitter: @solano14
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

  • ライブドアブログ

「鉄道員(ぽっぽや)の幌舞駅こと根室本線・幾寅駅訪問記Up!+厳選?ボツ画像集」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記と言った鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.