駅訪問フォト日記 [2] - Solanoの鉄旅駅旅ブログ -

鉄道・列車の乗車記、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

浜寺公園駅~明治の木造駅舎、現役最終日の夜~

 2016年(平成28年)1月27日、南海電鉄・浜寺公園駅の洋風木造駅舎が遂に現役引退の時を迎えます。この駅舎は1907年(明治40年)、東京駅を設計した事で有名な辰野金吾が片岡安と大阪で設立した「辰野片岡事建築事務所」が手掛けた事で知られています。。

 駅舎は高架の新駅舎の前に移築され、エントランスのように活用される予定なので、これからも限りなく現役に近い雰囲気ではあり続けると想像できます。

 私は2003年に初めて訪れて以来、明治の瀟洒さを今に伝える洋館駅舎に魅了され、数年に1度は訪問していました。今年に入っても年始に訪れたばかりですが、やはり大好きな駅舎の現役最後の姿を目に焼き付けたいと思い、1月27日、仕事が終わると急いで新幹線に乗り、浜寺公園駅を目指しました。

1月27日23時、現役引退の時が迫る駅舎

 新幹線、地下鉄御堂筋線、南海本線と乗り継ぎ、浜寺公園駅に到着したのは23時を過ぎていました。

23時過ぎ、浜寺公園駅に降り立つ

長良川鉄道、レトロな駅構内施設を巡る旅

 秋の気配が漂い始めた長良川鉄道を訪れました。国鉄越美南線から転換された第3セクター鉄道で、正式な線名は今でも越美南線です。

 長良川鉄道は日帰り圏内の近場という事もあって、これまで何度も乗りに行こうと計画していたのですが、近いゆえに、当日もっと寝ていたいからやっぱりやめようなどと、きまぐれに断念する事数回…。しかし先日、ようやく実行に移す事がでいました。二度目で、実に二十数年振りかと思われる訪問です。

長良川鉄道の木造駅舎

 やっぱりいちばんの目的は木造駅舎です。第3セクター鉄道転換後に新設された駅は12に及びます。しかし国鉄時代からの駅舎は、雰囲気のあるいい木造駅舎ばかりでした。

長良川鉄道・富加駅の木造駅舎

石北本線・旧白滝駅訪問記Up + ボツ画像

[ 駅と駅舎の旅写真館 - railwaystation.jp - ]

駅紀行に
旧白滝駅~秘境駅、夜の帳が降りる頃~
を新規掲載しました。

石北本線、白滝シリーズの秘境駅・旧白滝駅。

 旧白滝駅は、下白滝駅、白滝駅、上白滝駅、奥白滝駅(廃止)と言った、JR北海道・石北本線のいわゆる「白滝シリーズ」の駅の中では唯一の仮乗降場から昇格した駅で、他の駅が立派に駅舎を持っていたのに比し、1面1線の棒線駅という簡素な構造で、少し格下の感がありました。

山陰本線、兵庫県日本海側の名物秘境駅を巡る旅

 鳥取駅で青春18きっぷを購入し、山陰本線の普通列車に乗り東を目指します。これまで使いかけの青春18きっぷを金券屋で購入した事はあっても、5日(回)分をまるまる購入したのは実に数年振りです。

県境の秘境駅、居組駅

 県境を越え兵庫県に入ると、最初の駅が居組駅です。

山陰本線・居組駅の木造駅舎。庭園も印象的。

 駅からは人家など建物が目に入らず、緑の山々に封じられているかのような閉塞感のある風景で、秘境駅の趣が漂います。

 居組駅は前から訪れてみたかった駅です。木造駅舎が残っているというのもありますが…

「姫路モノレール・大将軍駅跡: 高尾アパート」訪問記up!+ボツ画像

廃駅跡訪問記に
姫路モノレール・大将軍駅の痕跡が色濃く残る高尾アパート
を新規掲載しました。

姫路駅から見た高尾アパート(姫路モノレール・大将軍駅跡)

 大将軍駅は日本住宅公団(現・都市再生機構)が立てた高層マンション・高尾アパートの3・4階部分を貫いて設置された姫路モノレール唯一の中間駅です。開業から僅か1年半で休止、そのまま復活しませんでした。

 写真は姫路駅プラットホームから見た大将軍駅跡こと高尾アパートです。間近でみるのもいいですが、山々に抱かれた街並みの中、高尾アパートが壁のように飛びぬけてそびえるような風景に目が釘付けになり、より大将軍駅の印象が心に刻み込まれた心境です。

芸備線・道後山駅訪問記Up! (+ボツ画像)

古く美しき駅舎に
道後山駅(JR西日本・芸備線)」を
新規掲載しました。

芸備線の秘境駅、道後山駅の木造駅舎

 駅舎はおそらくは駅開業の1936年(昭和11年)以来の木造モルタル駅舎なのですが、無人駅となってからは地元消防団の消防車を格納する車庫となっています。そのためシャッターが取り付けられていて、一見、味わいの無い駅舎です。しかし見るほどに随所に古き良き造りを残しているのに気付かされ、心に深く残った駅舎です。

道後山駅訪問記ボツ画像集

姫新線と芸備線東部の桜を巡る~駅・桜旅2015~

姫新線、駅の桜

 春の駅に咲く桜を巡る旅。今年は姫新線と芸備線東部の新見駅‐備後落合駅間でものんびり行こうかと思っていました。

 しかし、当初の予想より少し早く開花・満開を迎えた場所が多かったようです。間に合っただろうかと思いながら、過ぎ行く車窓を眺めていました。

姫新線、車窓から見た三日月駅の桜と菜の花

 三日月駅に列車が進入すると、車窓には菜の花とそして大きく枝を広げた桜でいっぱいに。まだ桜を楽しめそうと、期待に胸を躍らせました。

惜別!南島原駅駅舎と有明海駅巡りの旅

 今年最初の旅はどこに行こうか迷っていました。あれこれ考えていたのですが、どこも決定打に欠き、決断には至りませんでした。

 2月初旬、島原鉄道の南島原駅駅舎が2月16日から取壊し工事に入る事になり、その直前の2月13、14、15日の3日間、特別公開される事になったというニュースが入ってきました。幸いにも13日は仕事が休みなため「これだ!!」と思いました。この機会に見たいJR九州の駅をいくつか絡めてプランを作成しました。折角の九州旅行なので、もっと事前に知っていたら、1泊2日でじっくりまわれたのですが、ほぼ日帰りという強行軍なのが致し方ない所。しかし、1日でも合ったのが幸運というべきなのでしょう。

南島原駅同様、取り壊しが迫る松橋駅駅舎

 当日は新大阪駅から6時発のみずほ号1番列車に乗り一路熊本へ。そしてJR鹿児島本線の普通列車に乗換え4駅の松橋駅で下車しました

JR九州・鹿児島本線、松橋駅の木造駅舎

えちぜん鉄道直営、木造駅舎の中のカフェ「えち鉄CAFE」

【えちぜん鉄道、1泊2日駅巡りの旅(2)】

 前日、三国芦原線を中心に巡り、翌日、勝山永平寺線に入りました。そして終点の勝山駅に到着。

えちぜん鉄道・勝山永平寺線の終点、勝山駅

 登録有形文化財となっている木造駅舎は、駅開業の大正3年(1914年)以来のもの。2013年に往時の姿をとり戻すべく大改修され、まだ新築と見まごうばかりの姿です。

 そんな勝山駅の駅舎内に、カフェがオープンしました。レトロで味わいのある駅舎の中にカフェができるという事自体、とても興味深いのですが、このカフェは何とえちぜん鉄道の直営で、その名は「えち鉄CAFE」。駅や周辺を一通り見ると、早速入店しました。

勝山駅、えち鉄CAFE

えちぜん鉄道、1泊2日駅巡りの旅(1)~三国芦原線の駅舎…~

 1泊2日でえちぜん鉄道を巡ってきました。今まで、福井のこの辺りを巡る時は、特急しらさぎでギリギリ日帰り圏内という事もあり、宿泊を伴った事は無かったのですが、えちぜん鉄道にはいい木造駅舎がいっぱい残っているので、たまにはじっくり巡ってみようと思いました。

 そこで駅巡りの旅にうってつけの乗り放題の切符があればと思いました。えちぜん鉄道には福井鉄道と共通のフリーきっぷがあるのですが、使えるのは土曜休日と正月のみで、私の予定には合いません。

 乗り放題など、お得な切符が無いかとえちぜん鉄道のホームページを見ていると、「あわら温泉宿泊フリーきっぷ」なるものがある事を知りました。2日間有効で、値段は2000円。利用条件として、芦原温泉の指定宿泊施設に泊まり割り印を貰う必要があり、無ければ2日目は無効となってしまいます。宿泊料が1000円引きになるので、1日あたり実質500円で、えちぜん鉄道が乗り放題になる嬉しいフリー切符です。

 
 朝からたっぷり堪能すべく、前日の夜、仕事が終わるとそのまま福井に向かい、福井駅前に宿泊しました。

えちぜん鉄道、あわら温泉宿泊フリーきっぷ

 そして翌日、えち鉄の福井駅で、あわら温泉宿泊フリーきっぷを購入しご満悦の私w

記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて
駅舎や構内をあれこれ観察。
そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。
プロフィールページ

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

駅と駅舎の旅写真館
木造駅舎、ローカル線の駅など駅巡りの旅。目下のメインサイト
ある日、旅の空で…
エアライン搭乗記、鉄分の薄い旅行記はこちらで。
my旅BOX-鉄道旅行と旅-
いちばん最初に作った鉄道旅行記サイト。静態保存中
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしかったら
↑↑ポチっ!
とお願いします。

  • ライブドアブログ

「駅訪問フォト日記(2)」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記などの鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.