駅訪問フォト日記 [5] - Solanoの鉄旅駅旅ブログ -

鉄道・列車、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

ただいま初駅旅中!

【現地発信】

2011年になって初の駅巡りの旅で、鉄分補給しまくりです。特急しなのの振り子にゆりかごのように身を委ね、いい木造駅舎を見て・・・。

 ただいま中央西線の贄川駅にいます。写真撮影に夢中になり予定の列車に乗り遅れ、次の列車は一時間後・・・。

 長野の山間部は雪が少し積りやっぱり寒いです。
だけど、ホーム上の待合室は陽が当たりポカポカと暖かいです。

南海本線駅巡りの旅(浜寺公園駅とか・・・)

先日、日帰りで南海電鉄の南海本線の駅を見てきました。

d1a71747.jpg

やっぱり南海本線の駅舎と言えば明治40年(1907)築の浜寺公園駅でしょう!瀟洒で堂々たる洋風木造駅舎です。

 南海本線の高架化事業で、この名駅舎の今後が危ぶまれましたが、新駅舎正面に移築される事になり一安心と言った所です。そうは言っても私が気になったのは・・・

晩秋の北海道、駅巡りの旅(2)~室蘭本線~

【<<晩秋の北海道、駅巡りの旅(1): 富良野線・根室本線の駅巡り】

 北海道2日目は室蘭本線の駅を中心に巡りました。北海道ワイド周遊券がある頃、室蘭本線は特急スーパー北斗、北斗で飛ばす事が多かったので、各駅停車で途中駅を巡るというのは意外と新鮮な感じがします。

 ですが最初は室蘭本線ではなく、苫小牧から日高本線で一駅の前々から気になっていた勇払駅を訪問。

日高本線、勇払駅プラットホームと構内

晩秋の北海道、駅巡りの旅~富良野線、根室本線~

1泊2日でJR北海道の駅巡りの旅に行ってきました。
今まで北海道には何度も行っているのですが、夏もしくは冬がほとんどで、秋に行くのは10年以上前の自転車旅行以来になります。

 今回は往復とも飛行機で、行きは旭川空港から入りました。空港から旭川駅や富良野駅へいくバス路線もありサッと乗っていけばいいのですが、鉄道ファンで駅鉄の性で、近辺に駅が無いかと探してみました。するとJR北海道・富良野線の千代ヶ岡駅が5キロ程度の所にあるのを知りました。歩けなくは無いのですが、少し遠いので千代ヶ岡駅まではタクシーを利用しました。

千代ヶ岡駅駅舎と4本の大木

神町駅~歴史への扉…~

 東北旅行の3日目に山形県の神町駅(JR東日本・奥羽本線)に寄る予定を立てていたのですが、東根駅で枯池を見つけて急遽下車してしまったため、神町駅に着いたのはすっかり暗くなってからでした。

夜の神町駅

 2回目の訪問ですが、相変わらず武骨で堂々とした駅舎でした。敗戦後の占領下、神町駅にはRTO(連合軍鉄道運輸司令部事務所)が置かれた駅として知られ、その面影を色濃く残した当時からの駅舎が今でも現役です

 夜のムードある駅舎の写真を撮れたらと思い、夕方~夜の時間帯に初めから訪問するつもりでしたが、駅舎横の街灯の光が強かったのが想定外で、フレアーやゴーストが出たりと四苦八苦・・・。そういう訳で、駅舎は素晴らしくても少々消化不良気味で、翌日も訪れる事にしました。

 そして翌日、炎天下の中、神町駅に降り立つと…
「あ・・・、あ、あ!扉が開いている。」

青い森鉄道、いわて銀河鉄道…旧東北本線移管区間の駅巡り

 一週間程前ですが東北の方に行ってきました。もちろん駅巡りの旅を目的にしていたのですが、東北地方など寒い地方は、私が特に好む木の質感を存分に残した昔ながらの木造駅舎というものは少なく、やや面白味に欠ける感があるのですが、それでもいろいろ見ていると興味深いものがいくつもありました。

 東北に入る前日は東京の多摩地区にいたのですが、寝台特急あけぼので青森まで一気に、そしてまったりととワープしました。そして、まず東北新幹線八戸-新青森間の開業で青い森鉄道に移管される東北本線で南下し、青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道に盛岡に行きます。この区間は十数年前、12系客車で青森から盛岡まで乗り通しました。とても長かったという印象で、窓から差し込む陽射しに眠気誘われたという思い出があります。現在、東北では乗り鉄には悪名高いオールロングシートの701系電車が幅を効かせ味気なくなってしまいました。まあ、車内が混んでさえいなければ、ワイドな窓からの車窓風景を楽しめるのですが・・・。

下田駅駅舎(東北本線)※青森県

 まずJR東日本・東北本線の下田駅で下車。木造駅舎らしい造りは残していますが、新建材等できれいに補修されています。

長崎県、佐賀県駅巡りの旅

 先週、1泊2日で九州方面に旅行してきました。

 駅巡りをメインにした旅で、今回はJR九州の長崎本線など主に長崎県、佐賀県方面を攻めてきました。九州への旅と言えば、思えば最低片道は「さくら」や「はやぶさ」と言った九州ブルートレインを使っていたのですが廃止されてしまい、九州に行く楽しみが半減した気分です。とは言え、色々と面白い駅を見る事ができ、とても充実した楽しい旅でした。

長崎本線・唐津線、久保田駅の枯池

久保田駅(JR九州・長崎本線、唐津線)。最初、この駅で下車する予定は無かったのですが、車内からこの枯池を発見し、おおーっ!と思い途中下車。

西大塚駅、木造駅舎写真展

ちょっと山形に行って来ました。

 第3セクター鉄道・山形鉄道のフラワー長井線の駅を色々見てきたのですが、目的の一つに西大塚駅で開催されている鉄道写真家・米屋浩二氏の木造駅舎をテーマにした写真展を見る事でした。

 米屋氏は、最近では写真集「木造駅舎の旅 」出版されています。無人駅となって空家同然となっている駅事務室が会場で、一般人が普段入る事ができない場所に堂々と入れる点にもそそられます。昔ながらの素朴な木造駅舎で、木造駅舎のディテールや情景など味わい深い写真を堪能する・・・。木造駅舎好きにはとても優雅なひとときです。

山形鉄道、西大塚駅の木造駅舎。

駅・桜旅2010~養老鉄道、養老駅~

 養老鉄道の養老駅へ桜が満開の頃を見計らって午後からお出掛け。養老駅には何回か訪れた事はあるのですが、近鉄から養老線を引き継いでからは初の訪問となります。

養老駅、構内通路と桜

 構内通路。

駅・桜旅2010~武豊線~

2010年の桜駅めぐり第1弾は電化が決まった事が話題のJR東海の武豊線へ。

亀崎駅木造駅舎と桜

 日本最古の現役駅舎と言われている亀崎駅。開業の1886(明治19)年築という説が正しければ、何と120年以上も現役。手入れが行き届いていて、あまり古さを感じさせません。各所がリニューアルされペンキはしっかり塗られ、大切に使われている事が伺えます。

記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
Twitter: @solano14
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしかったら
↑↑ポチっ!
とお願いします。

  • ライブドアブログ

「駅訪問フォト日記(5)」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記などの鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.