駅・桜旅 - Solanoの鉄旅駅旅ブログ -

鉄道・列車、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

駅・桜旅2016~山陰本線西部をゆく~

 夜もも開け切らぬうち浜田駅前の宿をチェックアウトし、下りの始発列車に乗りました。これから気になる駅で途中下車しながら、山陰本線をまったりと西に進みます、

夜明け前の周布駅、廃ホーム跡の桜

 乗ったと思ったら僅か2駅、改修された木造駅舎が残る周布駅で下車しました。

姫新線と芸備線東部の桜を巡る~駅・桜旅2015~

姫新線、駅の桜

 春の駅に咲く桜を巡る旅。今年2015年は姫新線と芸備線東部の新見駅‐備後落合駅間でものんびりと巡ろうかと心の中で描いていました。

 しかし、当初の予想より少し早く開花・満開を迎えた場所が多かったようです。間に合っただろうかと思いながら、過ぎ行く車窓を眺めていました。

姫新線、車窓から見た三日月駅の桜と菜の花

春爛漫!小湊鉄道、駅巡りの旅~駅・桜旅2014~

1日目

 今回、千葉県の小湊鉄道へのアクセスは、飛行機で成田空港に入り、バスで鶴舞バスターミナルへ入るというマニアックで変なルートでした。(お陰でJALカードとJGCの今年初回搭乗マイル5000をゲット!)

 地図を見ると、バスターミナルから小湊鉄道の最寄り駅は上総鶴舞駅、上総大久保駅、高滝駅の3駅で、それぞれ約4kmほど離れています。どこの駅で第一歩を標そうかと考えましたが、選んだのは高滝駅。うららかな陽気の中、歩き続け高滝湖を渡り、高瀧神社の横を通ってそろそろかと思ったら、もうひと坂ありました。そして坂の上に至り、下りに変わると、桜に包まれた高滝駅が眼下に現われました。

谷汲口駅など樽見鉄道の駅に咲く桜~駅・桜旅2013~

桜で華やぐ樽見鉄道

 私は桜の花が咲き誇る時季、駅に咲く桜を撮り行くのが楽しみで、まるで年中行事のようになっています。(※去年は九州の肥薩線の桜を見に行きました。)

 そうするようになってからもう十年位になります。毎年、まだ見た事が無い桜の駅に行こうとしていたのですが、過去に訪れた事がある駅に振り返ってみるのもいいなと思い、今年は11年振りとなる岐阜県の第3セクター鉄道・樽見鉄道の駅を訪問する事にしました。

 樽見鉄道は終点の樽見駅から徒歩十数分の所に、日本三大巨桜の一つと称される薄墨桜があります。また谷汲口駅からは、この地方の桜の名所として有名な谷汲山華厳寺へバスでアクセスできます。樽見鉄道は小さなローカル線ながら、沿線に桜の名所が2つ控える、いわば「桜ライン」と呼べるような路線です。

 そして樽見鉄道自体にも、谷汲口駅という桜の名所と言えるような駅があります。かつて春に訪れた時、構内の桜が満開で、まるで桜の園のようだったのが深く心に刻まれています。

肥薩線、桜と木造駅舎を巡る旅(2日目)~矢岳駅以南~

 肥薩線の桜と木造駅舎を巡る旅、2日目は矢岳以南の駅を巡りました。人吉駅からの始発に乗って肥薩線を南下します。

 朝7時、人吉発吉松行きの始発ですが、同区間1日5本の内の貴重な1本でありながら、乗客は私1人だけ…。SL人吉号、いさぶろう・しんぺい号での矢岳越え、特急はやとの風など肥薩線は観光路線としても注目されていますが、そうして活性化しなければ路線の維持が危惧される区間…。そんな現実を見せ付けられた心境です。

 結局、私以外、誰の上下車も見る事も無く矢岳駅で下車しました。矢岳駅は古い木造駅舎はもちろんですが、駅前から見る集落と田畑の風景が何よりも印象的です。緑豊かな山に囲まれた小さな集落に、駅前から一本の道がまっすぐ伸びている風景がなんとものどかで、心洗われる心地さえします。日本の田舎の駅前原風景ってこんな風なんだろうなと思わせるものがあります。

肥薩線、桜と木造駅舎を巡る旅(1)~瀬戸石駅‐大畑駅間~

球磨川沿いに古駅舎を巡る

 今年2012年の駅・桜旅は趣き深い木造駅舎が多く残る肥薩線へ行ってきました。

 開花情報をこまめにチェックしつつ、休みを取った日に運良く桜が咲いてくれたようなのですが、春の台風のように列島を荒れ狂った風が襲い、桜が散らされてしまったのではないかと危惧していました。しかし、八代駅から肥薩線の列車に乗っていると、駅に…、そして球磨川沿いに桜がきれいな花を咲かせている車窓風景が次々に私の目に飛び込んできました。

肥薩線、海路駅の桜

川平駅、ずっと見たいと思っていた春の風景~駅・桜旅2011~

桜を求め石見の国を旅し、4月、かつて春に訪れた事のある駅で再び下車しました。

JR西日本三江線・川平駅、木造駅舎と満開の桜。

島根県の江津市にある、JR西日本・三江線の川平駅です。

そして夜の帳が降りました…

駅・桜旅2010~養老鉄道、養老駅~

 養老鉄道の養老駅へ桜が満開の頃を見計らって午後からお出掛け。養老駅には何回か訪れた事はあるのですが、近鉄から養老線を引き継いでからは初の訪問となります。

養老駅、構内通路と桜

 構内通路。

駅・桜旅2010~武豊線~

2010年の桜駅めぐり第1弾は電化が決まった事が話題のJR東海の武豊線へ。

亀崎駅木造駅舎と桜

 日本最古の現役駅舎と言われている亀崎駅。開業の1886(明治19)年築という説が正しければ、何と120年以上も現役。手入れが行き届いていて、あまり古さを感じさせません。各所がリニューアルされペンキはしっかり塗られ、大切に使われている事が伺えます。

駅・桜旅2007~JR西日本、山陰方面~

 桜を求め、列車に揺られ山陰方面を旅してきました。

御来屋駅・駅舎と桜

まず最初の1駅目は御来屋駅(山陰本線)。整備された山陰最古の駅舎の横には、桜が咲き、こちらも年月を経た風格あるいでたちでした。
(※駅と駅舎の旅写真館:御来屋駅、駅舎訪問記

記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
Twitter: @solano14
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて、駅舎や構内をあれこれ観察。そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしかったら
↑↑ポチっ!
とお願いします。

  • ライブドアブログ

「駅・桜旅」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記などの鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.