JR九州 - Solanoの鉄旅駅旅ブログ -

鉄道・列車の乗車記、駅巡りの旅など鉄道旅行記、
木造駅舎など訪れた駅、鉄道の気になる話題から駅にまつわる小ネタまで…。
乗り鉄・駅鉄のSolanoが、鉄道の旅についてあれこれ語ります。
日本全国、たまに海外に出没。

有田駅と蔵宿駅、時代の残り香をひっそりと留める池庭跡

 二つの池庭跡の意外すぎる共通点

 佐賀県内、JR九州・佐世保線の主要駅であり、松浦鉄道・西九州線の起点・終点でもある有田駅。そして有田駅より三駅北の松浦鉄道の蔵宿駅。言うまでもないかもしれませんが、松浦鉄道はかつての国鉄・JRの松浦線で、1988年4月1日に今の第3セクター鉄道に転換されました。

 この二駅の構内には枯れた池のあるミニ庭園跡が残っています。

JR佐世保線、有田駅構内の池庭跡

JR九州・筑肥線、肥前長野駅再訪問記Up!! +ボツ画像

[ 駅と駅舎の旅写真館 - railwaystation.jp -]

古く美しき駅舎に

肥前長野駅~廃虚のようなオンボロ駅舎の10年後~
を新規掲載しました。

肥前長野駅、古色蒼然とし過ぎ廃墟のようになった木造駅舎

 肥前長野駅は佐賀県伊万里市にあるJR九州・筑肥線の駅なのですが、あまりに荒廃した木造駅舎がある事で、駅鉄など鉄道ファンの間に広く知られるようになりました。
(関連ページ: 2005年訪問時の肥前長野駅

 しかし今年2015年に、部分補修や廃品の撤去など、地元の人々の手により、かなり状況は改善されたように思います。そのため、先日、このブログの記事で日本一のオンボロ駅舎の称号返上を声を大にして宣言しました。

 しかし、一筋の光を見たという意味合いが強く、現状ではまだ傷みが目立つ事に変わりはありません…。今後に期待です。

厳選!? ボツ画像集

JR九州・佐世保線、三間坂駅訪問記Up!+ボツ画像集

[ 駅と駅舎の旅写真館 - railwaystation.jp ]


 古く美しき駅舎に
三間坂駅 (JR九州・佐世保線)~木造駅舎の旅~」を
新規掲載しました。

JR九州・佐世保線、三間坂駅の木造駅舎。

 1919年(大正11年)築の木造駅舎は10年位前に改修され、まるで新築駅舎のような姿に。そのため、古く味わいのある雰囲気というのは、正直な所いま一つで、格付けもいちばん低い星無しとなってしまいました。でも何かと気になる興味深い駅で、最初は短編訪問記としてサラッと仕上げようとしたのですが、意外と長くなって通常通りの訪問記に作り直しました。

ボツ画像集

もうすぐ七夕なので…

先日、訪れた九州の駅の中から、七夕らしらを感じる駅舎の風景を載せておきます。

JR九州・大村線、大村駅の七夕飾り

肥前長野駅、日本一のボロ駅舎の称号を返上。そして新たな日本一は・・・

 佐賀県に肥前長野という駅があります。JR九州・筑肥線の末端区間にある駅で、年月を経た雰囲気が滲み出た味わい深い木造駅舎が残っています。

 ただ…、ろくな改修も施されてこなかったであろう駅舎は、寂れ古び過ぎあちこちボロボロで、待合室や旧駅事務室は多くの廃品に占拠され、廃虚の様相さえ呈していました。そのため、駅鉄や乗り鉄など鉄道ファンには、肥前長野駅の廃虚のような駅舎がある駅として知られるようになりました。

惜別!南島原駅駅舎と有明海駅巡りの旅

 今年最初の旅はどこに行こうか迷っていました。あれこれ考えていたのですが、どこも決定打に欠き、決断には至りませんでした。

 2月初旬、島原鉄道の南島原駅駅舎が2月16日から取壊し工事に入る事になり、その直前の2月13、14、15日の3日間、特別公開される事になったというニュースが入ってきました。幸いにも13日は仕事が休みなため「これだ!!」と思いました。この機会に見たいJR九州の駅をいくつか絡めてプランを作成しました。折角の九州旅行なので、もっと事前に知っていたら、1泊2日でじっくりまわれたのですが、ほぼ日帰りという強行軍なのが致し方ない所。しかし、1日でも合ったのが幸運というべきなのでしょう。

南島原駅同様、取り壊しが迫る松橋駅駅舎

 当日は新大阪駅から6時発のみずほ号1番列車に乗り一路熊本へ。そしてJR鹿児島本線の普通列車に乗換え4駅の松橋駅で下車しました

JR九州・鹿児島本線、松橋駅の木造駅舎

肥薩線、桜と木造駅舎を巡る旅(2日目)~矢岳駅以南~

 肥薩線の桜と木造駅舎を巡る旅、2日目は矢岳以南の駅を巡りました。人吉駅からの始発に乗って肥薩線を南下します。

 朝7時、人吉発吉松行きの始発ですが、同区間1日5本の内の貴重な1本でありながら、乗客は私1人だけ…。SL人吉号、いさぶろう・しんぺい号での矢岳越え、特急はやとの風など肥薩線は観光路線としても注目されていますが、そうして活性化しなければ路線の維持が危惧される区間…。そんな現実を見せ付けられた心境です。

 結局、私以外、誰の上下車も見る事も無く矢岳駅で下車しました。矢岳駅は古い木造駅舎はもちろんですが、駅前から見る集落と田畑の風景が何よりも印象的です。緑豊かな山に囲まれた小さな集落に、駅前から一本の道がまっすぐ伸びている風景がなんとものどかで、心洗われる心地さえします。日本の田舎の駅前原風景ってこんな風なんだろうなと思わせるものがあります。

肥薩線、桜と木造駅舎を巡る旅(1日目)~瀬戸石駅‐大畑駅間~

 今年2012年の駅・桜旅は趣き深い木造駅舎が多く残る肥薩線へ行ってきました。

 開花情報をこまめにチェックしつつ、休みを取った日に運良く桜が咲いてくれたようなのですが、春の台風のように列島を荒れ狂った風が襲い、桜が散らされてしまったのではないかと危惧していました。しかし、八代駅から肥薩線の列車に乗っていると、駅に…、そして球磨川沿いに桜がきれいな花を咲かせている車窓風景が次々に私の目に飛び込んできました。

肥薩線、海路駅の桜

 写真は海路駅停車中の一枚。桜はもちろん菜の花も翡翠色の球磨川の流れに春の趣きを添え、車内から思わず目を奪われてしまいました。

そして最初の下車駅、白石駅に到着しました。

長崎県、佐賀県駅巡りの旅

 先週、1泊2日で九州方面に旅行してきました。

 駅巡りをメインにした旅で、今回はJR九州の長崎本線など主に長崎県、佐賀県方面を攻めてきました。九州への旅と言えば、思えば最低片道は「さくら」や「はやぶさ」と言った九州ブルートレインを使っていたのですが廃止されてしまい、九州に行く楽しみが半減した気分です。とは言え、色々と面白い駅を見る事ができ、とても充実した楽しい旅でした。

長崎本線・唐津線、久保田駅の枯池

久保田駅(JR九州・長崎本線、唐津線)。最初、この駅で下車する予定は無かったのですが、車内からこの枯池を発見し、おおーっ!と思い途中下車。

駅の構内通路

 また日田彦山線・石原町駅のネタなんですが、かつては近隣のセメント工場などへの専用線が延びていたため、同路線の主要駅と言えるほどの大きな駅ではないにもかかわらず、2面3線のホームの他、何本かの側線跡も残り、かつてはJR貨物の駅も併設されていました。そして、一線がとても長く、セメントや石炭など鉄道での貨物輸送が盛んだった頃を偲ぶことができます。石原町駅の貨物列車取り扱いの廃止が1999年なので、支線レベルとしては、貨物輸送が遅くまでながらえたと言えるでしょう。

日田彦山線・石原町駅プラットホーム

 そんな石原町駅で乗降客がホームと駅舎の行き来をする時は、跨線橋は無いため、線路を横切る構内通路を利用していました。そんな構内通路の駅舎側の階段に、ちょっとした仕掛けがあるのを発見しました。

記事検索
作者
myimage

Solano(そらの)
列車に乗って気まま旅。
或る駅でふと降りて
駅舎や構内をあれこれ観察。
そしてぶらぶらと街歩き。
日本全国とたまに海外へ…。
プロフィールページ

このブログの他に3つのサイトを作成しています。

駅と駅舎の旅写真館
木造駅舎、ローカル線の駅など駅巡りの旅。目下のメインサイト
ある日、旅の空で…
エアライン搭乗記、鉄分の薄い旅行記はこちらで。
my旅BOX-鉄道旅行と旅-
いちばん最初に作った鉄道旅行記サイト。静態保存中
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしかったら
↑↑ポチっ!
とお願いします。

  • ライブドアブログ

「JR九州」

Solanoの鉄旅駅旅ブログ ( ↑↑ )
~鉄道・列車の旅と駅巡りの旅のブログ。列車の乗車記、駅舎訪問記などの鉄道旅行記、駅に関する気になるあれこれ…~。

Copyright (C) solano. All Rights Reserved.